独立前の開業準備

会社(法人)用の銀行口座開設

会社を設立したら、会社名義の銀行口座を開設しましょう。

会社運営を行うと、取引の入出金、家賃、公共料金など、多くのお金が出入りしますので、個人名義の銀行口座のままだと、個人で使用したお金か、会社で使用したお金か、区別がつかなくなり、後々大変です。

決算の時に苦労するだけでなく、経費と認めれらなければ、高い税金をとられることになります。

また、経費は会社の採算を見る際にも必要となりますので、会社の銀行口座は早めに開設しておきましょう。

銀行口座の開設方法

法人口座を開設するといっても、銀行には、都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合のほか、さまざまな銀行があります。

多くの場合、会社の運営には銀行との付き合いが必要となりますので、まずは どの銀行で銀行口座を開設するのがベストなのかを考えてみましょう。

銀行の選び方について目安をまとめてみます。

  • 今後積極的に規模の拡大を目指す → 大手の都市銀行
  • 規模は追わず、堅実な経営を目指す → 地方銀行、信用金庫、信用組合
  • 融資は必要なく、銀行を使うのは、振込などの決済がメイン → ネット銀行

上記はあくまで銀行選びの目安です。ポイントは融資が必要か否かです。

融資が必要な場合、すでに一定の信用がある会社や事業拡大を積極的に目指す企業については都市銀行が最適です。ただ、都市銀行だと信用力の小さな会社だとなかなか相手にしてもらえないため、信用力が小さい内は地方銀行、信用金庫、信用組合を使うといいでしょう。

融資が必要でない場合で振込などの決済が多い企業は、振込の手間や手数料も馬鹿にならないため、振込の手間や費用がかからないネット銀行をおすすめします。

口座が開設されるまでの期間は、申込みからおよそ3~5営業日ほどかかるのが一般的です。もちろん銀行や、繁忙期などの時期によっても異なるので、余裕をもった計画を立てておきましょう。

 

 

次のページ(法人カードを作る)へ
ページの先頭へ