独立前の開業準備

法人カードの作成

法人を設立したら、法人名義のクレジットカード(法人カード)を作りましょう。

事業を開始すると、オフィスの備品などの消耗品や交際費、出張旅費など様々な費用がかかりますが、これらの費用を毎回個人で立替えることは煩わしいですし、個人で使用したお金か会社で使用したお金か区別がつきにくいため、経理処理に大変苦労するからです。

法人カードがあると、毎月カードの明細が届きますので、明細を見ただけでいつ、どんな経費にどれくらい使用したのかが、一目瞭然でわかります。そのため、経費管理や経理処理が簡単になります。

また、法人カードを利用すると、諸経費をカード会社が、一ヶ月立て替えておいてくれるので、会社側はカードの支払日までは現金を手配する必要がありません。

このような理由から、現在多くの経営者が法人カードを利用しています。

下記に法人カードのメリットとデメリットをまとめておきます。

 

法人カードのメリット

  1. カード使用を個人用と法人用と分けることで、公私の区別がつき、確定申告のための帳簿付けなどの経費処理が楽になる。
  2. 小口の現金を毎回用意しなくて済む。
  3. 社用費をカード決済にすれば、カードの利用から支払いまでに約1~2ヶ月のサイトがあるため、支払期日を延ばすことができる。
  4. 出張の際に高額の旅行保険がついているものがある。海外も含め。
  5. 空港のVIPラウンジなど様々な割引や優待サービスを受けることができる。
  6. ポイントが貯まる。

法人カードのデメリット

  1. 法人カードの多くは年会費がかかる。
  2. 個人カードよりも高い審査があるため、カード会社によっては審査が通らない場合がある。

 

おすすめの法人カードは、法人クレジットカードの作成・比較で確認してください。

 

 

次のページ(ホームページを作る)へ
ページの先頭へ