法人 設立編

法人設立費用 一部を自分で行う場合

法人設立手続きの一部を専門家に任せ、一部を自分で行う場合の法人設立費用は以下になります。

例えば、法人設立手続きの一部(定款作成など)を専門家に任せ、自分で公証役場や登記所に行くなどの場合。

  • 印紙税         0円
  • 定款認証       52,000円
  • 登録免許税     150,000円
  • 代行手数料     12,000~100,000円
  • 法人設立費用    約21万~約30万

法人設立手続きの一部を自分で行う場合の法人設立費用は、約21万~約30万となります。

ただし、専門家が電子定款を利用できる場合に限ります。専門家によって、自分で行う範囲や法人設立に要する期間が異なりますので、詳細を専門家に確認するようにしてください。

 

次のページ(法人設立費用 専門家に任せる場合)へ
ページの先頭へ