法人 設立編

脱サラ起業ナビ > 会社設立方法

会社設立方法

会社設立の手続き、方法を順番に説明していきます。

定款記載事項の決定

まず最初に、事業運営や定款の作成に必要な「会社名」や「事業内容」、「本店所在地」、「資本金」など、会社の基本的なことを決めます。

法人印の作成

次に、法人印(会社代表印、銀行印、角印)を印鑑屋さんなどで作ります。会社書類の押印のため必要です。

印鑑証明の取得

会社実印(代表者印)を作ったら、役所で印鑑証明を取得します。公証役場や法務局での手続きに必要です。

定款作成

定款は会社の憲法ともいえる大変重要なもので、会社を設立するには、必ず作成しなければなりません。

定款認証

定款を作成したら、公証役場で公証人の認証を受けます。

法人の資本金

定款認証が完了したら、銀行に設立する会社の資本金を振込みます。

法人登記

法人登記に必要な書類を用意し、会社の本店所在地を管轄する法務局で、法人登記の申請を行います。

※上記の登記完了をもって、法人設立の手続きは完了となります

会社設立後の手続き (諸官庁への届出)

法人登記の完了をもって、会社設立の手続きは完了となりますが、その後、諸官庁への届出が必要になります。

※多くのサイトでは、会社設立=法人登記申請までの記載しかありませんが、会社を設立すると、「会社設立後の手続き」(諸官庁への届出)が必要です。
これをしないでいると、思わぬペナルティーが発生したり、税金等の面で後々面倒なことになりますので、大変面倒臭いのですが、法人登記申請と合わせて行うようにしましょう。

「会社設立後の手続き」までを、会社設立の手続きだと思ったほうがいいと思います。

 

 

次のページ(定款記載事項)へ
ページの先頭へ