法人 設立編

脱サラ起業ナビ会社設立方法 > 法人印を作る

法人印の作成

個人が印鑑登録をするように、法人も代表者印を法務局に登録しなければなりません。印鑑証明書が発行されるのも、個人の場合と同じです。一般的に、 この代表印に、銀行印、角印を加えた3本の印鑑を、法人印と言っています。

なお、法人設立や事業運営に最低限必要な印鑑は、代表者印(会社実印)です。

ただし、法人設立では、出資者や役員の印鑑証明書が必要となるため、個人の実印がない方は個人実印も必要になります。

つまり、法人設立や事業運営に最低限必要な印鑑は、個人実印+代表者印になります。

個人実印

個人を証明する印鑑で、役所で印鑑登録を行った印鑑です。

主に、公正証書の作成、契約書、不動産取引、遺産相続など、重要な取引の際に使用します。会社の設立では、印鑑証明書の取得の際に使用します。

代表者印(会社実印)

法務局に会社の実印として登記を行った重要な印鑑です。

代表者印または(会社)実印と呼ばれています。

企業の権利義務を立証し、法務関連の届けや登録などの重要書類に使用します。

ちなみに、よくある「角印」と「会社実印」は違いますので、間違えないようにしてください。

銀行印

会社の銀行口座開設の際に、銀行に登録する印鑑です。

代表者印を銀行印に使用することもできますが、預貯金の出し入れ、手形や小切手の発行の際に使う大切な印鑑であり、代表者印も非常に大切な印鑑になるため、なるべく別に作成しておくのが一般的です。

角印(社印)

角印は、領収書、請求書、見積書など、日常業務で発生する社外文書や稟議書などの社内文書に、法人の承認の証として押印する四角い印鑑です。

領収書や請求書などに安易に代表者印や銀行印を押印するのは、印鑑を偽造される恐れがあるため、一般的に角印を使用しています。

登記と無関係で、法律的には認印と変わりありませんが、最も使用頻度が高く、馴染みのある印鑑になります。

法人印のセット

多くのはんこ屋さんでは、法人設立に必要な印鑑(法人印)をセットとして販売しています。

代表者印と銀行印の2点セットで販売されていたり、代表者印・銀行印・角印の3点セットで販売しているケースが一般的です。

店舗によって値段が違いますが、料金の違いは、材質の違いと加工費(手間賃)によるもので、材質で最もリーズナブルなものは柘(つげ)、最高級のものは象牙などが使用されています。

法人を設立するには、法人印が必要になります。法人印がないために、法人が設立できないということにならぬよう、社名が決まったら、早めに注文しておきましょう!

おすすめのはんこ屋さん

 

 

次のページ(会社設立に必要な印鑑証明書)へ
ページの先頭へ