法人 設立編

脱サラ起業ナビ会社設立方法 > 法人の資本金

法人の資本金

公証役場における定款認証が完了したら、設立する法人の資本金(出資金)を銀行に振込みます。

この段階ではまだ法人は設立できておらず、法人名義の銀行口座は開設できませんので、発起人(発起人が複数いる時は発起人総代)の個人口座に資本金を振込みます。

資本金を振り込む銀行口座は、発起人の普段お使いの口座で問題ありません。(通帳がある口座の方が無難です)。なお、既に口座にお金が入っているという場合でも、一旦出金し、改めて振り込む必要があります。入金ではなく、振込をする必要がありますのでご注意ください。

資本金を払い込むタイミングは、定款を公証人が認証した日以降となります。法務局によっては、定款作成日以降というところもあります。

資本金を払い込んだら、この後の法人登記の添付書類とするため、通帳のコピーをとります。
コピーするページは以下の3つです。

  1. 通帳の表紙
  2. 通帳をめくった1枚目のページ
  3. 振込みが確認できるページ

法人登記に添付する書類の作成

法人の資本金の振込を行い、通帳のコピーをとったら、法人登記(商業登記)の申請に添付する書類を作成します。

法人登記(商業登記)の申請に添付する書類で、法人の資本金に関する書類は以下の3つです。

  1. 払込みを証する書面
    (正しく払い込みがあったことを代表取締役が証明する書面)
  2. 資本金を払い込んだ通帳のコピー
    (実際に銀行口座に振込があったことを証明するもの)

1の「払込みを証する書面」は、銀行等で有料で払込金受入証明書を作成してもらっても大丈夫ですし、代表取締役がwordなどを使って自分で作っても問題ありません。作り方は、A4の用紙に「払込証明書」などと題して、払込みがあった金額の総額、払込みがあった株式数、1株の払込金額などを記載し、末尾に日付、商号、資格、代表者名を記載して代表者印を押印します。日付は、出資者全員の振込みが完了した日以降の日付とします。念のため、会社の代表者印で捨印も押しておきます。

法人の出資金(資本金)の金額について

これまで会社を設立する際には、株式会社では1000万円、有限会社では300万円の資本金が必要でしたが、新しく施行された新会社法では、この最低資本金に関する規定が撤廃され、株式会社は1円から設立できるようになりました。

 

 

 

次のページ( 法人登記を行う )へ
ページの先頭へ