独立前の開業準備

個人事業のクレジットカードの作成

個人事業主になると、事業用の銀行口座とともに個人事業用のクレジットカードを作っておきましょう。

個人事業の経費管理で最も重要なのは、仕事とプライベートのお金の出入りをきっちり分けることです。

個人事業を開始すると、消耗品や交際費、旅費など、さまざまな費用がかかりますが、これらの費用を仕事で使用したお金(経費)か、プライベートで使用したお金かを、はっきりと区別する必要があります。

そうしなければ、確定申告で経費とならず、高い税金を支払うはめになります。

仕事上の費用(経費)を個人のお金で支払っていると、経費の管理が大変です。

経費の支払いに事業用のクレジットカードを使うと、公私の区別がつくだけでなく、毎月カードの利用明細が届くため、どの費用にどれだけ金額がかかったのか簡単にわかります。しかも、カードのポイントも貯まりますので、一石二鳥です。個人事業主は、事業用のクレジットカードを有効に活用しましょう!

事業用クレジットカードのメリット

  1. カードを仕事用とプライベート用と分けることで、公私の区別がつき、経費管理や確定申告が簡単になる。
  2. 現金を毎回用意しなくて済む。
  3. カードのポイントが貯まる。
  4. カード決済では利用から支払いまでに約1~2ヶ月のサイトがあるため、支払期日を延ばすことができる。会社との取引では支払いが掛け払いのため、支払サイトが遅いほど有利。
  5. 国内外の出張の際に高額の旅行保険がついている。
  6. 様々な割引や空港のVIPラウンジ使用などの特待サービスを受けることができる。

事業用クレジットカードのデメリット

  1. 年会費がかかる場合がある。
  2. 仕事用とプライベート用で最低2枚以上のカードを持つことになり、カードが多くなる。

 

おすすめの事業用クレジットカード

おすすめの事業用のカードについては、個人事業のクレジットカードで確認してください。年会費や特徴についてまとめています。

 

 

 

次のページ(ホームページを作る)へ
ページの先頭へ