独立前の開業準備

事務所の設立

インキュベーションオフィス

インキュベーションオフィスとは、起業時の会社経営や運営のサポートを兼ね備えた賃貸事務所のこと。地方自治体や公的機関が運営している事が多く、通常よりも安価な家賃で入居できることが多い。そのため、入居には一定の審査が必要な事も多く、レンタルオフィス等に比べると入居するためのハードルは高いと言えます。

(料金の目安)

通常の賃貸事務所よりも安い場合がほとんどです。また、経営のサポートもしてくれる場合があるため、ちゃんとした事務所を設立したい起業家にはおすすめです。

ただし、インキュベーションオフィスへの入居には、入居期間や起業期間が限定されているケースが一般的なため、ご注意ください。

マンションの一室を、事務所として使う

貸事務所を利用すると、初期費用が膨大にかかり、家賃もマンションに比べると高めなため、来客が少ないような起業スタイルの場合には、マンションの一室を、事務所として使うこともできます。ただし、マンションなため、下駄箱やキッチン、お風呂などの生活設備がありますので、事務所設立には注意してください。

貸事務所 (賃貸オフィス)

一般的な事務所といえば、貸事務所・賃貸オフィスになります。

敷金・礼金・保証金、内装費用などの初期費用が必要となりますので、売上が見込めない起業当初や、資金が潤沢でない起業家は、最初から貸事務所を利用するのは控えたほうが無難です。起業してある程度の売上が安定的にあり、その後の拡大が見込め場合に利用するのが最もベターだと思います。

(料金の目安)

貸事務所・賃貸オフィスの初期費用は、場所にもよりますが、家賃の数か月分を必要とするケースが一般的です。都心であれば、小規模な事務所でも、初期費用で100万以上が必要となることも珍しくありません。ただし、少し利便性が悪くなりますが、初期費用を低く抑えた貸事務所が増えてきているので、どうしても事務所を構えたいという起業家は、そういった物件を借りるのも一つの手だと思います。

 

 

次のページ(オフィス用品をそろえる)へ
元のページ(自宅開業・バーチャルオフィス)へ
ページの先頭へ