法人 設立編

法人設立の際に必要な書類と必要なものについて、まとめました。

法人設立の必要書類

  1. 事前準備時
  2. 定款認証時 (公証役場)
  3. 銀行における資本金の払い込み時
  4. 登記申請時 (法務局)
  5. 会社設立後 (登記申請後)

事前準備時

  • 印鑑証明書

定款認証時 (公証役場)

  • 定款
  • 発起人全員の印鑑登録証明書
  • 委任状 (代理人に任せる場合)

銀行における資本金の払い込み時

  • 定款
  • 発起人の印鑑証明書
  • 発起人会議事録

登記申請時 (法務局)

  • 株式会社設立登記申請書 (会社の登記を行う際の申請書)
  • 登録免許税納付用台紙状
    (登録免許税を納付するための印紙を添付する用紙)
  • 定款
  • 出資払込のあったことを証する書面類
  • 現物出資があった場合に必要な書類
    (調査書、弁護士などの証明書など)
  • 資本金の額の計上に関する書面
  • 取締役就任承諾書
  • 印鑑証明書
  • 印鑑届出書 (会社の実印を届け出る際に必要となる書面)
  • 登記用紙と同一の用紙 または OCR用申請用紙など
  • 委任状 (代理人に任せる場合)

法人設立後 (登記申請後)

税務署

(提出書類)

  • 法人設立届出書
  • 青色申告の承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
  • 棚卸資産の評価方法の届出書
  • 減価償却資産の償却方法の届出書

(提出書類に必要な書類)

  • 定款の写し
  • 会社の登記簿謄本
  • 株主名簿
  • 設立時における貸借対照表
  • (任意) 法人設立概況書、本店所在地の略図
  • (現物出資がある場合)
    現物出資をした者の氏名、出資金額、出資した資産の明細を記載した書類

都道府県税事務所 または 地方事務所と市区町村役場

(提出書類)

  • 法人設立届出書 (東京23区では事業開始等申告書)

(提出書類に必要な書類)

  • 定款の写し
  • 会社の登記簿謄本
  • 法人設立届出書

社会保険事務所

(提出書類)

  • 健康保険、厚生年金保険新規適用届
  • 健康保険、厚生年金保険新規適用事業所現況書
    (社会保険事務所で異なる)
  • 保険料口座振替納付(変更)申出書
  • 健康保険、厚生年金保険被保険者資格取得届
  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 国民年金第3号被保険者資格取得届

(提出書類に必要な書類)

  • 会社の登記簿謄本
  • 事務所の賃貸契約書または不動産登記簿謄本
  • 最近6ヶ月の源泉所得税の納付書
  • 賃金台帳 (役員報酬や賃金の額がわかるもの)
  • 出勤簿またはタイムカード
  • 労働者名簿
  • 被扶養者であることを証明する書類

労働基準監督署

(提出書類)

  • 労働保険関係成立届
  • 労働保険概算・増加概算・確定保険料申告書

(提出書類に必要な書類)

  • 会社の登記簿謄本 (地域により異なる)

公共職業安定所(ハローワーク)

(提出書類)

  • 雇用保険適用事業所設置届
  • 雇用保険被保険者資格取得届

(提出書類に必要な書類)

  • 労働保険 保険関係成立届
  • 会社の登記簿謄本
  • 法人設立届出書 (税務署に提出したもの)
  • 労働者名簿
  • 出勤簿またはタイムカード
  • 賃金台帳など賃金がわかるもの
  • 雇用保険被保険者証 (中途採用者などの場合)

 

法人設立に必要なもの

  1. 発起人個人の実印
  2. 会社実印(代表者印)を含めた印鑑セット
  3. 発起人の普通預金口座 (資本金振込先口座として使用)
  4. 資金 (資本金+会社設立費用約20~30万円)

 

 

次のページ(独立開業の専門家)へ
ページの先頭へ