法人 設立編

法人設立の専門家

起業・独立の際に必要となる法人設立の専門家の特徴や、専門家に依頼した際の一般的な費用について記載しています。

行政書士

(業務内容)

  • 主に、許認可の申請手続き、法人設立の手続き、各種契約書の作成等を行う申請や手続きに関する専門家。

(料金の目安)

  • 許認可手続きの代行の場合:飲食店で3~8万円、リサイクル店など古物商で 2~6万円位

司法書士

(業務内容)

  • 登記、供託に関する手続きや裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の代行などを行う法律書類に関する専門家。

(料金の目安)

  • 法人設立の代行で約10万円

税理士

(業務内容)

  • 税務代理
    確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立会い等の代理
  • 税務書類の作成
    確定申告書、青色申告承認申請書など、税務署などに提出する書類の作成
  • 税務相談
    税金のことで困ったとき、わからないとき、知りたいときの相談
  • 会計業務
    財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行、その他財務に関する事務

(料金の目安)

  • 個人の場合:顧問料1~3万円位。決算料8~12万円前後。
  • 法人の場合:顧問料3~5万円位。決算料15~20万円前後。

社会保険労務士

(業務内容)

  • 人事労務管理のコンサルティング
    就業規則の作成、賃金制度の設計、安全衛生管理、福利厚生の相談
  • 年金相談
    年金の加入期間・受給資格等の説明、年金の請求に関する書類の作成や申請
  • 労働社会保険手続の代行
    労働社会保険関係の手続や年度更新、各種助成金の申請

(料金の目安)

  • 従業員5人未満、社会保険、労働保険加入(給与計算は除く)の場合で、1ヶ月2万円位。

中小企業診断士

(業務内容)

  • 経営についての専門的なアドバイスを行う専門家。

(料金の目安)

  • 顧問料として1ヶ月5万円位から

 

 

次のページ(起業家の名言)へ
ページの先頭へ