独立前の開業準備

レンタルサーバーの選び方

自社のホームページをインターネットに公開する(アップロード)するには、一般的にレンタルサーバーを契約する必要があります。

レンタルサーバーについて

ホームページをインターネットに公開するためにはサーバーが必要になります。

サーバーというのは、情報をインターネット上に配信するためのコンピュータのことですが、サーバーは、個人で所有するにはかなりの費用がかかります。

さらに、大きいし、発熱もおするし、騒音もするということで、あまり家などには置いておきたくないような代物です。

そうしたことから、レンタルサーバーの会社が生まれました。

レンタルサーバー会社は、自社でサーバーを所有していて、サーバーの容量の一部を顧客に貸し出しています。 ここで貸し出されるサーバーをレンタルサーバーと言っています。

このような理由から、自社のホームページをインターネットに公開するためには、レンタルサーバー会社からレンタルサーバーを借りることが一般的になっています。

会社の規模が大きくなると、自社でサーバーを所有し、運用しているケースも見られます。

レンタルサーバー会社について

現在では、いろんなレンタルサーバー会社が進出しています。

下記に主要なレンタルサーバー会社を記載しますので、「費用」「容量」「メール」「ドメイン取得」「サポート」「セキュリティー」などの項目を中心にチェックしてください。

独自ドメインについての詳しい説明は独自ドメインの取得方法を参照してください。

(費用の目安)

月々105円から10000円以上かかるものまで、料金設定には大きな幅があります。

最終的には、費用と性能の折り合いを考えながら、レンタルサーバー会社を選ぶことになると思います。

なお、無料のレンタルサーバーもありますが、主に広告がつくことや、重かったり、勝手に閉鎖されるなど、多くの要因から事業用のホームページを公開するには適さない点が多いため、ここでは有料ですが格安のレンタルサーバー会社をご紹介します。

(主なレンタルサーバー会社)

会社名 備考
ロリポップ! ポップな雰囲気ですが、レンタルサーバー業界大手で上場企業の株式会社paperboy&co.が提供するレンタルサーバー。月額105円~容量最大30GB。
さくらのレンタルサーバ 上場企業のさくらインターネット株式会社が提供する老舗のレンタルサーバー。月額125円~容量1GB。
お名前.comレンタルサーバー 東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が提供するレンタルサーバー。
NTTPCのレンタルサーバー NTTグループのNTTPCが提供する本格的なビジネス用レンタルサーバー。

 

 

次のページ( ドメインを取得する )へ
ページの先頭へ